生活習慣病の種類

生活習慣病にはどのようなものがあるのか

「運動習慣や食習慣、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣が、発症や進行度合に関係する病気」と、厚生労働省によって定義されている生活習慣病。その生活習慣病には、さまざまな病気があります。では、その生活習慣病にはどのような病気があるのか見ていきましょう。

 

さまざまな種類がある生活習慣病の中で、代表的なものは以下のものです。病気の知識を持つことは、すなわち病気を予防することにもつながりますので、覚えておくと良いでしょう。

 

糖尿病

糖尿病とは、体を動かすエネルギーとなるブドウ糖が各細胞に運ばれず、血液の中にあふれ出してしまう病気のこと。

 

原因として、血糖値を下げるはずのインスリンという物質が、きちんと作用されずエネルギーとして使うことができなくなってしまいます。糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病があり、大部分の糖尿病患者は2型糖尿病だと言われています。

 

そのほかに、家族からの遺伝が原因の糖尿病もあります。

 

心臓病

心臓病といってもさまざまな種類の心臓病があります。動脈硬化や心筋梗塞などの虚血性心疾患。精神的な神経疾患。また、脈の乱れを起こす不整脈、心房細動、心室細動の病気。生まれつきの病気である先天性の心疾患などです。

 

高血圧

血圧とは、心臓が体中に血液を送り出す際に血管にかかる圧力のこと。

 

最高血圧と最低血圧を測り、高血圧かどうかを調べます。高血圧は自覚症状がなく、また朝と夜、食前食後などによってコロコロ変わることも多く、こまめな血圧測定が必要となります。

 

高血圧を原因として、心疾患や脳梗塞や脳卒中などの重要な病気を引き起こすこともあり、注意が必要です。

 

脂質異常症

脂質異常症とは、血液の中にあるコレステロールや中性脂肪などの脂質が増えすぎてしまう病気です。サイレントキラーと言われ、自覚症状がまったくない病気で、ほうっておくと増えすぎてしまった脂質が血管をふさぎ、動脈硬化や命にかかわる重大な病気を引き起こす可能性があります。

 

脳卒中

脳卒中には脳の血管がつまってしまう病気である脳梗塞や、血管が破れてしまう脳出血などがあります。命にかかわる病気なのはもちろんですが、運よく命が助かっても体にマヒが残ったり寝たきりになってしまう場合もある怖い病気です。日本人にはとても多い病気です。

 

肥満

肥満は生活習慣にとても関係しています。肥満と体についている脂肪の量によるので、体重だけでは簡単に判断できません。

 

スポーツ選手など、体に筋肉の多い人はその分体重が重いですが、それは肥満とは言わないからです。また、内臓に多く脂肪がついている内臓型肥満はメタボリックシンドロームとも呼ばれ、動脈硬化や高血圧などの症状を引き起こすと言われています。